税金の豆知識

Q111 耐用年数2年の「定率法償却率」は100%?

6800view

Q111 耐用年数2年の「定率法償却率」は100%?

税法上、中古資産の耐用年数は、新品と比べて「短い耐用年数」が適用されます。
例えば、償却期間が終了した「中古資産」は、最短で「耐用年数2年」というケースがあります。新品資産でも、「耐用年数2年」で計算されるものもありますよ。

今回は、この「耐用年数2年」の場合の「定率法償却率」のお話です。

 

1. 耐用年数2年の定率法償却率

 

耐用年数が2年の場合・・償却年数は2年なのでしょうか?
普通に考えると・・2年ですよね?

でも・・「法定耐用年数表」を見ると、耐用年数2年の「定率法償却率」は1.000となっています。償却率「1.000(=償却率100%)」??

ということは、1年目に100%償却できるということです。つまり、耐用年数が2年にもかかわらず、1年で償却が終了します(償却月数が12か月の場合)。

なぜ・・なんでしょうか??

理由は簡単なんですが(笑)・・200%定率法が適用されるためです。
定率法の場合、200%定率法の関係で、耐用年数2年の償却は1年で終了します。

 

2. 200%定率法とは

 

平成24年4月1日以後に取得された「減価償却資産の定率法償却率」は、定額法の償却率を2倍した償却率が適用されます(200%定率法といいます)。

定率法ではなく、定額法の償却率を2倍しますので、間違えないよーに!

 

3. 200%定率法は、定額法の倍の償却率を採用

 

定額法と200%定率法の「償却率表」を一部抜粋しました。

耐用年数 定額法償却率 定率法償却率
(平成24年4月1日以後)
2 0.500 1.000
3 0.334 0.667
4 0.25 0.500
5 0.200 0.400

● 「200%定率法」の償却率は、「定額法」の償却率の2倍(200%)なっています。
● 耐用年数2年の場合、定額法償却率は0.5のため、200%定率法の償却率は、
その2倍、1.000となります=1年で償却が完了します。(青色部分)
● 「250%定率法」の場合も、上記同様の結論となります。

濱田会計事務所への無料ご相談・お問い合わせは0120-932-116まで

まずは無料面談からお話をお聞かせください。
どんな些細なお悩みでも結構です。
お電話お待ちしております。

0120-932-116

お問い合わせはこちら